事故のないように庭木の伐採をすることが大切です。

庭木を放置することによるトラブル~伐採の必要性~

ガーデニング

庭木に愛着がある場合、庭木の伐採なんて考えたこともない、という人も多いでしょう。しかし、庭木というのは自分で植えていないにもかかわらず勝手に生えて来る、ということは珍しくありません。庭木は定期的に剪定や伐採といった手入れを行なわなかった場合、多方面でトラブルが発生する可能性があります。周囲とのトラブルを避けたいのであれば、庭木の伐採を選択肢の一つに入れておくべきかもしれません。

庭木が伸びることで考えられる問題

庭木の影響は周囲にまで及ぶ
庭木は住まいだけではなく、近隣住宅にも影響を及ぼしてしまうことがあります。落ち葉や木の実などが隣家に入ってしまったり、勝手に枝を切られたりといったことからトラブルに発展してしまうのです。ご近所付き合いを悪化させないためには、まずは冷静に話し合って、庭木の伐採を行なうか植え替えをするかなどを決めるようにしましょう。大きな問題になる前に剪定や伐採といった対応をすることが重要になります。庭木の伐採は自分で行なうことも出来ますが、剪定や伐採のプロに任せた方が効率よく綺麗に処理してくれます。
庭木の成長が草花の成長に影響を及ぼす
植物が成長するためには欠かせない日光ですが、庭木の枝が成長することによって光が遮られることがあります。光が十分に当たるベランダやテラスガーデニングなどで植物を育てていても、日影ができてしまうと健康的に成長させることは難しくなります。庭木の枝によって影ができている場合は、剪定もしくは伐採を検討してみましょう。
庭木のある家は鳥や虫が寄ってきやすい
庭木は鳥や虫の住処になりやすく、時には被害が及ぶことも。鳥の場合、スズメやムクドリ以外にもカラスや鳩が寄ってくることもあるので、糞害や作物が食べられることもあります。ガーデニングスペースが荒らされることもあるため、迷惑だと思っている人もいるでしょう。また、鳥だけではなく害虫も発生しやすくなるので、トラブルの発生を未然に防ぎたいのであれば、早めに伐採をしておきましょう。

まとめ

庭木があることで季節を感じたり、ガーデニングスペースを華やかにしたりすることができますが、トラブルの原因になってしまう前に庭木の伐採を行なうようにしましょう。

庭木の伐採は自分で行なえるのか

費用を少しでも抑えようと、庭木の伐採を自分で行なおうと考える人もいます。作業をする際は身の安全を確保することが大切です。

伐採で使用する道具一例

  • チェーンソー
  • 枝切り鋏
  • 脚立

まとめ

庭木の伐採に必要な道具を揃えることで作業はできますが、方法や危険性について考える必要があります。

自分で伐採することの危険性や問題点

チェーンソーの扱いは簡単に行なえますか?
大きめの木を伐採する場合はチェーンソーが必須になっていきますが、道具が大きく初心者の場合だと操作に慣れるまでに時間がかかります。しかし、普通のノコギリでは伐採するまで手間がかかってしまうのでチェーンソーを利用する方が良いでしょう。使い方を間違えると怪我や事故に繋がる危険性もあるため、作業をする時は十分に注意する必要があります。
伐採した後の庭木は普通のゴミとして捨てられますか?
細い枝や、小さくした枝なら家庭ごみと一緒に出すことができますが、自治体によってはできない地域もあります。太くて大きな庭木の場合だと家庭ごみと一緒に出すことはできないため、回収してもらったり別の方法で処分したりする必要があります。しかし、処分方法によっては費用が高くなってしまう場合もあるので注意しましょう。

まとめ

伐採作業は、慣れない人が行なうと事故を起こす危険性があります。安全のためにも業者に任せるのが良いでしょう。

TOPボタン